adhd 薬 子供 7

以前は小学校で教員、現在は放課後デイサービスで働いている、ともはると申します。 こんにちは(^ ^) コンサータ、ストラテラ、インチュニブ、ビバンセカプセルと最近は種類が増えて、その人に合った薬が選べるようになりました。私は医師ではないので、副作用がある薬を勧める立場にはありませんが、現場で服用している子を見てきたので、その感想を書いてみようと思います。, ADHD薬は薬なので、もちろん家族も心配されますし、現場の職員もどうなるのか気にします。, 例えば、不注意症状の改善を求めて服薬を始めた子は、見た目での変化は意外と少なく、少しテンションが上がる印象です。, 不注意なのは変わりませんが、その後「不注意があった」ということに気付けるようになって、結果ミスが減っている様子はよく見られます。, また、少し前は不注意にはストラテラが使われるケースが多い印象でした。ストラテラは効果が出るのに、2〜4週間かかりますので、変化が少ないと感じるのはそのせいもあるかもしれません。, 最近は、ぼ〜っとしている不注意症状には、覚醒度をあげて改善しようとコンサータを処方される子も増えています。, コンサータは、確かに覚醒度が上がるので、見た目で少しハキハキ喋るようになっている印象があります。, 一方、多動衝動性の強い子対しては少し前はコンサータ、最近ではインチュニブを処方される子が増えている印象です。, やはり、多動性で周囲の困り感が強い子なので、薬という選択肢に結びつきやすいのかと思います。, 今までほとんど席につけない、話を聞けない、止まれない、という子が、突然、静かに席について活動する、落ち着いて話を聞ける。, 「薬を使っても子供が変わったわけではない。今の落ち着いている様子が元々の姿であり、今まではADHDという症状が、隠していただけなんだよ。」, ただ、運よく効果が出て、副作用もそこまで大きくない、となるとやはり本人的には生活の改善は著しいです。, 話ができる、活動に取り組める、となれば周りの話や学んだことが積み重なっていきます。, そして「積み重ね」は、結果として、特性を抱えながら生きる上でのライフハックになったり、周囲と適切に関わって生きる上でとても大きな力となっていきます。, 低年齢のうちに、この恩恵に預かれた子は、自己肯定感が下がる機会も減り、確実に社会生活に適応していきます。, 一方で、子供がADHDだとわかって、大変な中で精一杯子供の姿を受け入れていた親御さんにとっては、薬で別人のように変わった子を見るのはなんとも複雑だろうな、とも思うわけです。, そんなことを考えていると、この「発達障害」というテーマは、今後何十年も議論されていくのだろうと、そう思いました。, ※新刊が出ました!特支オタクの当HP運営者が、学級経営について全力で研究、実践した記録です!, ※特支オタクの当HP運営者が、特別支援教育の手法を普通のクラスに取り入れてみた実践本の第2版です(^ ^), このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 副作用は人によってさまざまで、大したことなく薬を飲むことができ効果を感じる人もいれ、ば副作用に苦しんで別の薬に変えたり容量を変えたりしている人もいます。 大人であれば、自分で感じた症状を医者に伝え、ある程度は自分でコントロールすることができますが、子供の場合は正しく症状を伝えることが難しい場合が多いでしょう。 ADHDであることを子供にカミングアウトしていない場合、なぜ薬を飲むのか、副作 … 7 「何度言ったらわかるの」や「だめ」などの言葉は、具体的な指示がなく、adhdの子供たちには伝わりにくい。こうした怒りかたは避ける; 8 「行動力がある」、「おとなしくできたね」など、子どもの良いところを褒めて伸ばす; 3.adhdの子どもを育てる心得 , 発達障害の相談の中でも、唯一といっていいほど薬の話がでてくるのがADHDかもしれません。自閉症に薬はありませんし、学習障害にも薬のようなものはないと思います。, こんにちは!薬は使い方によっては人生を大きく変えると思っている花緒です。今日はADHDの子育てでストレスを感じてしまっている方への対策実践編と、対策として薬を飲むか飲まないかというお話しをしていきます。, 結論から言いますと、薬を飲む飲まないの判断はとても難しいということです。その理由としては、薬ですので副作用があるんですよね。まずは薬についてお話ししていきましょう。, ADHDと診断されている人は、子供も大人も、薬の服用には前向きです。要するに飲んでいる人が多いです。, 長男は本人の意志や、私の考えもあり、薬は飲みませんが、「飲んでないの?大丈夫なの?」とママ友に聞かれるくらい、みなさん飲んでいます。, 「薬を飲む」ということは、何かメリットがあって飲むのであって、そのメリットを感じられないなら飲まないし、デメリットが嫌であれば飲まないという選択肢になりますよね。, 副作用は人によってさまざまで、大したことなく薬を飲むことができ効果を感じる人もいれ、ば副作用に苦しんで別の薬に変えたり容量を変えたりしている人もいます。, 大人であれば、自分で感じた症状を医者に伝え、ある程度は自分でコントロールすることができますが、子供の場合は正しく症状を伝えることが難しい場合が多いでしょう。, ADHDであることを子供にカミングアウトしていない場合、なぜ薬を飲むのか、副作用で辛い思いをする意味がわからないなど、うまくいかなかった事例をたくさん聞いてきました。, 困りごとだらけで、自己肯定感もモーレツに低くなってしまい、生きる意味など全てにおいて落ちてしまっているのであれば、薬を飲んで自分のせいではないという体感を得るのも一つの対策と言えるでしょう。, ただし、その判断は親と本人が決めることであり、人から勧められたからという安易な理由で飲むものではないと思います。, 他人の意見を参考に、ちゃんと自分の頭で考えて、自分で決めることだよねってことです。, ADHDの長男は、今まで薬を飲む選択はしませんでした。親として薬はいらないな、と思ったのと、長男本人が薬は飲まない(元々自然の食べ物以外はあまり口にしないタイプ)という選択をしたからです。, これは、考え方の問題であり、一概に薬を飲む事でADHDの能力がどうのこうのなるということではないということをご理解ください。, 発達障害は『障害』という名前がついていますが、脳の神経伝達のしくみが違う、脳のつくり?が違う、何かがちょっと人とは違うわけで、そのことで困りごとが起きているわけです。, しかしこの困りごとは、その他大勢をベースに考えた場合の困りごと。本人にとってはADHDの頭で考える世界、見える世界、作り出される世界、発想の世界が普通なわけです。, 私の考えが一般論ではないことは百も承知の上でなのですが、発達障害の人がその他大勢の人たちに合わせて生きていかなければいけない、ここが、そもそも違うと思うのです。, もちろん、合わせて生きていかなければやっていけないことが多々あるので、困りごととなっているのですが、少数派である発達障害の人たちに、その他大勢の人たちが合わせてくれることがあってもいいのではないか?と思うのです。, お互いに(という考え方が発達障害の人たちに難しいことは承知の上で)譲り合って、相手を理解しあって、受け入れ合って生きていくことは、やはり理想なのでしょうか?, 薬を飲むということは、つながりにくい神経伝達をつなげ、見えなかったもの、わからなかったもの、気づかなかったものに気づく代わりに、つながってバランスが取れた状態ではないからこそ気づいていたものに気づかなくなるのではないか。とも考えられると私は考えています。, もちろん、全然そんなことはないさ。薬を飲んでも飲まなくても、頭は常にフル回転してます!っていう人もいるかもしれません。, ただ実際、薬を飲むと眠くなったり、逆に眠れなくなったり、ボーっとしたり、食欲がなくなったり、意欲が低下したりという副作用が出る人もいます。, みんなと同じ神経回路になることを本人が望むのであれば、それは薬を飲んでもいいと思いますが、本人が納得がいかない状態で薬を飲むことは、何か違う気がするなと思うのです。, 長男が薬を飲まないという選択に賛成した理由は、数々の困りごとはあるかもしれませんが、今のこの状態が長男なので、そのままでいいんじゃないかな。と思ったわけです。, もう薬を飲まないと生きていけないという状態になったら飲むだろうとか、いや、本当は子供のうちから薬を飲んで、自己肯定感を上げた方がいいんだよという考えなど、ADHDと薬に関しては賛否両論。, 長男の自己肯定感は十分すぎるくらいに高いので、必要性も今のところはなし。という判断です。そのような理由で、薬を飲む飲まないは、親と本人の意志で決めることかなと思うわけです。, 長男が処方されていないので、参考程度ではありますが、ADHDの薬は病院でしか処方できません。薬局では買えないということですね。, ということは、ADHDっぽいなとか、まだ診断前だけどとにかく困っているから薬が欲しい!と思っても、薬を服用することはできないわけです。, 薬の種類や効果、用法容量など、ADHDの処方には生活に関するいろいろな事柄が関わってくるようですので、医師に希望を正確に伝えて(見栄を張ったりしないで、生活パターンやこだわりなどを正直に)、処方してもらいましょう。, 先生が飲んだ方がいいと言ったから、○○ちゃんも薬を飲んでいるから、ということではなく、副作用も含めて親子でよく考えて薬の服用を決めることをおすすめします。, 飲んで合わなければ止めればいいだけの話なのですが、薬が体に合わないと、もうどうしていいのかわからない、という相談を受けたことがあります。, 納得がいくまで、自分で調べて自分で考えて行動することで、薬を飲む飲まないについて悩まされることはなくなっていきます。, これができないからお先真っ暗ではありませんので、お子さんの様子をよく見て、判断してくださいね!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 発達障害とHSCの子育て・ピアノに関する悩みに向き合う情報をわかりやすく発信しています。, 直接のご相談は下記をご利用ください。 adhdの治療薬として3種類の薬が認可されています(2018年11

レナウン ロゴ 変遷 7, ダイソー 万能オイル リール 14, ドラえもん おばあちゃんの思い出 無料 動画 4, 弁護士 質問状 書き方 39, 恒久 性 対義語 4, フレ シャス ウォーター アラーム 9, 黒むつ 小さい レシピ 4, 帰国子女 芸能人 男性 28, 盛岡一 高 野球部 監督 5, 綿毛 スピリチュアル メッセージ 35, Vカツ Webカメラ 認識 しない 11, Con Suono 音楽用語 26, Hkt 干 され メンバー 8, 兄に愛されすぎて困ってます 6巻 ネタバレ 18, 立教 大 大場 助教授 7, ゆるキャン 再放送 実写 45, 山口市 成人式 2021 7, フォール アウト 76 ファンデーション 7, 通信教育 添削 バイト 5, 恋つづ ロケ地 公園 9, 柿崎芽実 いな ぷぅ 7, マラソン 追い越し ルール 4, 三菱 新型rvr 2020 19, 突破ファイル 再現ドラマ 王林 16, 双子座 B型女性 可愛い 4,

Deja una respuesta

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *